読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

meryngii.neta

今日も新たな"ネタ"を求めて。

あなたもUbuntu Linuxユーザに(オススメソフト&設定)

パソコンに慣れている人ならLinuxの話を聞いたことくらいはあるだろうが、普段はWindowsを使っている人が大半だろう。Linuxも最近ではかなりユーザに優しくなっていて、日常作業の大半をこなせるようになってきている。

Linuxはサーバや組み込み用途で広く用いられているが、日常作業をこなすデスクトップOSとしてはあまり流行っていない。それでもLinuxで作業する理由はいくつかある。

APTなどのパッケージ管理が非常に便利
APTを使うと大抵のソフトはコマンド一行で、または数クリックでインストールできる。インストール済みのソフトも同様に丸ごとアップデートできる。Webサイトからインストーラを探してダウンロードするという工程が必要ないのだ。特にパッケージ管理の恩恵が感じられるのはLaTeXLAMPなどで複数のソフトを混ぜて使う状況で、依存関係がきちんと管理されているおかげで面倒な設定が必要ない。
ほとんどウィルスがいない
Linuxのセキュリティは堅牢で、Windowsと違ってウィルス対策ソフトの必要性が薄いと言われている。これにはオープンソースであること、パッケージが最新に保たれていること、そしてシェアが低いこと、などいくつか理由がある*1。もちろんLinuxのウィルスが存在しないわけではないので、一応ウィルス対策ソフトも用意されている。
CUI操作が強力
コマンド操作ができるだけでハッカー気分というのは半分冗談だが、大量のファイルをバッチ処理する場合などにLinuxの強力なシェルが生かせる。また、情報系の勉強をしている人なら、自然とUnix系のコマンドを覚えていけるので非常に有意義だと思う。
軽い(?)、安定している
他のOSより何となく軽いような気がする。もっとも、UbuntuLinuxとしてはかなり重量級なのだが…。
基本的にタダ
WindowsだってPCを買うと一緒にバンドルされているから、普通のユーザにとってみればタダのような感覚だ。Linuxがタダで使えることの利点は複数台PCを持っているときに現れる。何らかの事情で古いPCが余ったとき、新たにWindowsを買い足すことなく最新の環境を使うことができる。

私は最近メインPCをWindowsからUbuntu Linuxに移行した。UbuntuはデスクトップLinuxの中でも定評があって、GUIの使いやすさ・ドライバの対応度などが優れている。初心者の方にはまずUbuntuが妥当だと思う。

一方で、一般ユーザがLinuxに乗り換えるには多くの障壁が立ちはだかっている。

  • 今まで使用していたソフトが動かない、さらには代替品がない
  • 周辺機器にドライバが対応していないことがある

そのため、Windows専用の商用ソフトを多く使用している人、PCゲームが好きな人、特殊な周辺機器をたくさん持っている人などなどにはLinuxは合わないと思う。そういう人にはVMware上での限定的な試用をお薦めしたい。それでもし気に入ったらネイティブにインストールしてみるのもいいと思う。

私はWindowsでもオープンソースソフトしか使っていなかったのでUbuntuへの移行は割とスムーズだった。必要に応じてまたWindowsも使うかもしれないが、Linuxを幅広く使っていくことに変わりはないと思う。

Ubuntuのインストール

現在最新のバージョンはUbuntu 11.10となっている。

Ubuntuをインストールするには、Ubuntu Japanese TeamのサイトからイメージをダウンロードしてCDに書き込んで、CDからPCを起動する。場合によってはBIOSの設定を書き換える必要があるかもしれない。CDドライブやCD-Rが無いならUnetBootinでUSBドライブに書き込んでもいい。

インストール前にHDDのパーティションLinux用に切り分けておく必要がある。Windows標準の「ディスクの管理」で限界がある場合もEASEUS Partition Masterなどを使えば自由に操作できる。

基本的にインストール中は説明に従って操作していけば正常にインストールできる。ただ操作ミスでHDDのデータが消えてしまうことがあるかもしれないので、心配ならバックアップは取っておく。

Windowsが入っている場合はデュアルブートを選択する場合が多いと思う。少し手間がかかってもいいなら、私としてはWindowsブートローダからブートする方法をお薦めしたい。この方法なら最初の設定を間違えなければWindowsが起動しなくなることが無い。
taka8aru: WindowsのブートローダーでLinuxとデュアルブートする方法 - Ubuntu 11.04/12.04/12.10, Grub2の場合
上記のサイトではGRUB4DOSでチェインロードする方法を紹介している。Vista/7だと直接GRUB2をロードできる(?)らしく次のサイトの方法でもいい。
Windows 7のブートローダでLinuxのUbuntuとデュアルブートする方法 - MiuxMiu

各種設定 & おすすめソフトウェア

以下の解説はこちらのサイトも参考にした。

http://www.k5.dion.ne.jp/~r-f/sicklylife/memo/ubuntu1110/setting_and_install.html

端末の操作

「端末」(Ctrl+Alt+T)を起動すると、コマンドでの操作ができる。できることなら早いうちからコマンドでの操作に慣れると楽。

必要なソフトウェアはapt-getでインストールできる。慣れないうちは「Ubuntuソフトウェアセンター」を使うのもあり。*2

sudo apt-get update
パッケージリストを最新にする
sudo apt-get upgrade
インストール済みのパッケージを更新
sudo apt-get install 〜
〜をインストール

Ubuntuをインストールしたばかりならまずアップデートする。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
フォルダの英語表記

ターミナルを使う場合にホームフォルダの「音楽」といった日本語名はタイプしにくい。次のコマンドを打つと英語表記に戻せる。

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

出てきたダイアログで"Don't ask me this again"にチェックを入れ"Update Names"をクリックすれば変更される。

Unityの設定

UbuntuGUIはUnityというものが採用されている。Unityの動作を変更したい時は、UnityのベースとなっているCompizを設定する必要がある。

sudo apt-get install compizconfig-settings-manager

左のランチャが毎回消えるのが嫌なので、消えないようにする。

  1. 「CompizConfig 設定マネージャ」 を起動(Superを押して"compiz"と入力)
  2. Ubuntu Unity Plugin を選択
  3. Behaviour タブの Hide Launcher を Never に

再度ログインすれば設定が反映される。

Webブラウザ : Firefox

Firefoxは標準でインストールされている。プラグインなどもWindows版と同じものが使え、自由にカスタマイズできる。

テキストエディタ : gedit

geditは標準でインストール済みのテキストエディタで、Windowsユーザにも使いやすい。

  • バックアップが自動で生成されるようになっているのでこれを解除する。
    • テキストエディター」(Super + "gedit")を起動して 編集 > 設定 > エディター > 保存する前にバックアップを生成する のチェックを外す。
Vim : GVim

LinuxテキストエディタにはViとEmacsが有名で、どちらにも熱狂的なファンがたくさんいる。
私が試用した限りではViの方が使いやすいと思ったので、GVimをインストールする。*3

sudo apt-get install vim-gnome

Vimのカスタマイズについてはここでは解説し切れない。私はVim初心者なので、現在~/.vimrcにわずかだけ追加している。

set tabstop=4
set softtabstop=4
set shiftwidth=4

set autoindent
set expandtab

set wildmode=list,full
日本語入力 : Mozc

MozcはGoogle日本語入力オープンソース版で、Linuxでも使える。デフォルトのAnthyよりずっと使いやすいのでオススメ。

sudo apt-get install ibus-mozc

右上のバーにIMEのアイコンから、インプットメソッド > インプットメソッドの選択 > 日本語 > Mozcと選択して「追加」をクリックし、Mozcをクリックして「上へ」。

動画プレイヤー : VLC Media Player

VLCは様々な形式の動画をコーデック無しに再生できるプレイヤー。非常に便利なのでオススメ。

sudo apt-get install vlc
画像編集ソフト : Inkscape , GIMP

InkscapeIllustratorのようにベクタ画像を編集する場合に、GIMPPhotoshopのように写真などラスタ画像を編集する場合に使う。どちらも有名で使いやすい。

sudo apt-get install inkscape gimp
MP3タグ編集 : EasyTag

MP3のタグをまとめて編集できる。WindowsでいうとMP3Tagのような感じ。

sudo apt-get install easytag

尚、日本語版だとCDDBで検索する際に強制終了するバグがあるようなので、必要に応じて英語にして起動する。

LANG=C easytag
追加アーカイバ

よく使われる書庫形式のアーカイバをインストールしておく。

sudo apt-get install lha-sjis p7zip-full rar unrar
クラウドストレージ : Ubuntu One , Dropbox , ...

クラウドストレージとは、オンラインにファイルをアップロードし、複数のコンピュータから共有できるサービスのこと。代表的なサービスとしてDropboxやSugarSyncなどがある。

UbuntuにはUbuntu Oneというクラウドストレージがあらかじめインストールされていて、起動して登録すると5GBの容量を無料で使うことができる。WindowsiPhoneAndroidなど他OS版も存在する。

DropboxにもLinux版があり.debパッケージになっている。容量は2GB。下のサイトから「Ubuntu (x86 .deb)」をダウンロードしてインストールする。

https://www.dropbox.com/downloading?os=lnx

SugarSyncは現在Linuxに対応していない。*4

Wine

Windows用のソフトをネイティブで動かせる。

sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install wine1.3
winecfg
Wine で Office 2007

Wine上でOffice 2007をかなりの再現度で実行できる。Microsoft Officeのシェアは非常に高く、LibreOfficeは互換性が今ひとつなので、どうしても必要になってくる。

Officeのインストールは色々なサイトで解説されているが、単にOffice 2007を入れるだけなら細かい設定は必要ない。winetricksなどで色々いじってインストールした場合は、Wineサポート対象外であるとはっきりWine公式サイトに書いてある。

インストールする前にWindowsからフォントをコピーしておく。*5"C:\Windows\Fonts"から"~/.wine/drive_c/windows/Fonts"にいくつかコピーする。

  • msmincho.ttc , msgothic.ttc
  • tahoma.ttc, tahoma.ttf : インストール時の画面を読むために必要
  • wingding.ttf : Wordの箇条書きの記号などを表示するために必要

インストールディスクをDVDドライブに入れ、「setup.exe」を右クリックして「Wine Windows Program Loader」で起動すればインストールできる。注意点として、必ず本物のDVDドライブから起動しなければいけないらしい。Ubuntuの書庫マネージャーやアーカイブマウンタは、今のところISOイメージのUDFを読み込めないようだ。

インストール後に起動する前にwinecfgで設定する必要がある。

  • ライブラリ > ライブラリの新規オーバーライド に riched20 と打ち込んで、「追加」をクリック。下に出てくるriched20を選択し「編集」から「Native (Windows)」に変更する。

Wine上での日本語IMEの動作は不安定なので、~/.wine/user.regに次の記述を追加する。変換途中の文字列が常に左下に表示されるので見づらいが、ここは表示されないよりはマシだと思うしかない。

[Software\\Wine\\X11 Driver]
"InputStyle"="root"
Wineのアンインストール

Wine上でのWindowsアプリのインストールは失敗することが多いので、Wineを丸ごと削除する方法を覚えておいたほうがいい。
FAQ ja - The Official Wine Wiki

まずパッケージを削除する。*6

sudo apt-get --purge autoremove wine

これだけだとWineの設定ファイルは削除されないので、以下のコマンドを実行する。

rm -rf ~/.wine
sudo rm -f ~/.config/menus/applications-merged/wine*
rm -rf ~/.local/share/applications/wine
rm -f ~/.local/share/desktop-directories/wine*
rm -f ~/.local/share/icons/????_*.{xpm,png}
rm -f ~/.local/share/icons/*-x-wine-*.{xpm,png}

ここまでやっても関連付けが消えないので、適当に自分で削除する。

rm -f ~/.local/share/applications/wine*
gvim ~/.local/share/applications/mimeinfo.cache

mimeinfo.cacheからwineが含まれている行を削除する。

さらにWineのリポジトリを削除する場合は、

sudo add-apt-repository -r ppa:ubuntu-wine/ppa

必要に応じて

2chブラウザ : JD

2chブラウザは必要な人だけ。

JDを入れる前に、AAがずれないよう「小夏フォント」「モナーフォント」(MS P ゴシックなどの代わり)などを入れておいた方がいい。

sudo apt-get install ttf-konatu jd
  • 初回起動時は「3ペイン表示」を選択
  • URLバーにabout:configと入れると詳細な設定ができる(~/.jd/jd.confを編集するのと同じ)

このままだとビットマップフォントで表示されて見づらいので設定する。

Tips - JD for Linux Wiki - JD for Linux - SourceForge.JP

まず~/.font.confに次の内容を入力する。


    
        Konatu
    
    
        false
    
    
        false
    

端末で次のコマンドを実行する。

fc-cache -fv
Loqui

LoquiはLimeChatライクなIRCクライアント。

sudo apt-get install loqui

理工系向け

大学のレポートや論文などに役立つソフトを中心に。

組版 : LaTeX

LaTeXは書籍や論文を書くのに一般的なツール。

sudo apt-get install texlive texlive-latex-extra ptex-bin okumura-clsfiles
sudo apt-get install dvipdfmx dvipsk-ja jmpost jbibtex-bin mendexk
sudo apt-get install adobereader-jpn cmap-adobe-japan1

あるいは一行で

sudo apt-get install texlive texlive-latex-extra ptex-bin okumura-clsfiles dvipdfmx dvipsk-ja jmpost jbibtex-bin mendexk adobereader-jpn cmap-adobe-japan1

例えば日本語のPDFを生成する場合は次のように端末に入力する。

platex test.tex && dvipdfmx test.dvi

ちなみにAdobe Readerのメニュー項目が表示されないバグがあるらしく、回避策は以下を参照のこと。
http://linux.ikoinoba.net/index.php?UID=1307549419

数式処理 : Maxima

Maximaはフリーの数式処理システムで、Mathematicaなどと同じようなことができる。複雑な数式を簡略化したり、近似計算せずに微積分・微分方程式・行列などの問題を解いたりできる。

sudo apt-get install wxmaxima
C++ : g++

もちろんC++はインストールするよね!

sudo apt-get install build-essential
Haskell : GHC

Haskellは有名な純粋関数型言語で、GHCはそのデファクトスタンダードな処理系。

sudo apt-get install ghc
プリント基板 : Eagle

Eagleをインストールしておくと回路図やパターン図を見ることができる。

sudo apt-get install eagle

その他面白いツール

Ubuntu Customization Kit

UbuntuのライブCDをカスタマイズできる。

sudo apt-get install uck

メモ

  • iTunesはまともに使ったことがないので詳しくは分からないが、Bansheeがうまく対応しているかもしれない。
  • Evernoteについては良案がない。ChromiumからWebで操作するのが堅実かもしれない。ちなみにNixNote(旧称NeverNote)は非常に重いのでオススメできないし、WindowsEvernoteをWineで動かすのはさらに重い。
  • 現在Ubuntu 11.10の書庫マネージャーにバグがあるようで、ISOを解凍するとファイル名の末尾に「;1」が付いてしまう。
    • ファイル名だけなら「find . | rename "s/;1//"」で直せるが、それでも正常に展開できるとは限らない。

*1:http://unnnunnnet.blog47.fc2.com/blog-entry-64.html

*2:Synapticはデフォルトでインストールされなくなった。

*3:Emacsの「徹底的にカスタマイズする」という思想より、Viの「最低限あればいい」という思想の方が自分には合っているような気はする。もっとも、Vimはカスタマイズするのが普通らしいが…。

*4:Windows用のクライアントをWineで動かす猛者もいるらしい。

*5:ライセンス的にあやしいので自己責任で。

*6:またインストールするならパッケージは削除しなくてもいいのかもしれない。